水の安全性


水道水は、そのまま飲めない…。カルキの味がする…。
今はご家庭でも、蛇口に付ける浄水器を使用している方や、
ウォーターサーバーをレンタルしている方、スーパーなどの、
お水を貰って来ている方など、そのまま水道水を飲む人は減っています。

しかし、水道水は『水道法』という、法律の元、どんな食品よりも、
厳しく管理しているので、水道水=健康に良くないというのは、
間違った解釈です。

また、水道法は50項目の基準をクリアーしているのですが、
健康的・安全とされているミネラルウォーターは、半分以下の18項目のみ。
ヒ素、フッ素、ホウ素、亜鉛などの基準値は、水道水の方が、
厳しく基準が定められているのです。

スーパーな水は、ひょっとすると血液をサラサラにする飲み物かもしれません。

この中で特に注目したいのは、『ヒ素』です。
ヒ素は、発がん性の高い物質です。
水道水のヒ素の基準値は、0.05ミリグラム/1リットル以下。
ミネラルウォーターは、0.01ミリグラム/1リットル以下ですから、
約5倍、ヒ素に関しての安全性が高いのが、水道水です。

つまり、ミネラルウォーターだから安全ということは、
全くありません。「安全性」これだけを見るのであれば、
水道水の方が、安心出来ると言えます。

水|水のあんなことこんなこと

何故、ミネラルウォーターの基準値が甘いのかというと、
それは、『飲料水』ではないからなんです。水道水は、
”飲料水”としての安全を求められますが、ミネラルウォーターは、
”嗜好品”として、食品衛生法の元に定められているので、
水道水と比べて、基準値が甘くなっているのです。

しかし、味に関しては、やっぱりミネラルウォーターの方が勝りますね。
私自身、やっぱりあの独特の「カルキ」の味は、少し苦手です。
水道水をペットボトルに入れて振る方法や、沸騰させる方法など、
水道水を美味しく飲む方法もありますが、我が家では、
浄水器を取り付けて、”浄水”を、飲料水としています。

ただ、ミネラルウォーターに関して言えば、安全面からいっても、
購入してまで飲まなくても良いものかな~と感じています。